歯列矯正 - have orthodontic treatment.

矯正中の痛み

歯列矯正はどのくらい痛いのでしょうか

「痛そう」「こわい」という理由で矯正をためらっていませんか? 
歯列矯正は、多くの人にとって未知のものです。ですから、痛みにまつわる話はオーバーに伝わって、ますます不安をあおることでしょう。けれど、多くの人が矯正によってきれいな歯並びを手に入れているのも確か。矯正治療に痛みがともなうことは否定できませんが、耐えられないほどの痛みであったとしたら、この技術はここまで普及しなかったでしょう。

では、実際にどんな痛みがあるの? 症状も、痛みの感じ方も、実際は人によって違います。全然痛くない、と感じる人もいるかもしれませんし、痛みに敏感な人もいるでしょう。思いもよらないところで痛みが発生する場合がないとはいえませんが、ここでは主だったものを紹介してみましょう。

歯を抜くときの痛さ

大人の矯正は、固まったあごの中で矯正を行わなければならないため、正しい歯並びを作るために抜歯が必要となる場合が多々あります。抜歯自体は、麻酔もありますし、麻酔のさらに前に局部に麻酔薬を塗布することで、注射の痛みを和らげる処置もなされています。また、笑気ガスなどで痛みを感じにくくする方法を取る医院もあるので、事前に確認してみるといいでしょう。
大人の抜歯の場合、ドライソケットといって、治癒不全を起こして痛みが出る恐れもあります。親知らずを抜いたりしたときなどに治りが悪かった経験のある人は、ドクターに報告しておきましょう。

歯間を押し広げるときの痛さ

矯正装置をはめて矯正を始める前に、奥歯の間に「セパレーションリング」といわれるゴムの輪っかを入れて歯間を押し広げる段階があります。このときに歯が痛む人が多いようです。特に食事など歯と歯がぶつかるときに多いといわれています。

矯正装置を入れるときの痛さ

実際に矯正装置を入れるときにも痛みはあります。装置を歯にくっつけるときの痛みはありませんが、はじめのうちは、歯が浮いたような違和感を感じるでしょう。これだけでは痛いというよりわずらわしいという感覚かもしれませんが、口が慣れなくて頬の内側をかんでしまったり、当たって傷がつき、口内炎ができてしまうことも考えられます。
また、ワイヤーを入れたとき、個人差がありますが、治療の数時間後から痛みを感じる人もいます。さらに、歯と歯をかみあわせたときに頭に瞬間的な痛みが生じる場合がありますが、これらの痛みは数日で治まります。

装置をはずすときの痛さ

矯正が終わっても、接着剤などでつけた装置をはずすときに最後の痛みがある人もいます。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.