歯列矯正 - have orthodontic treatment.

矯正の期間

矯正には、どのくらいの期間がかかるのか

子どもの歯の場合、骨の成長や歯の生え変わる時期を考慮して、第Ⅰ期(2~3年)と、第Ⅱ期(2年程度)の2段階に分けて矯正を行う場合があるため、途中の観察期間も含めると、5年以上も矯正治療と付き合わなければならないケースも珍しくありません。

大人の歯の場合は、もっと少ない期間で治療を終了することができます。それでもその期間は、平均して2年半くらい。早い人でも2年近くはかかるといわれています。

2年を長いと感じる人もいるかと思いますが、もともとしっかり植わっていた自分の歯を、正しい位置に、なるべく体に負担をかけないように移動させるのですから、それなりの時間は必要だということを理解してください。年齢や基礎代謝量の違いによって、歯が動きやすい人と動きにくい人の個人差もあります。また、歯槽膿漏やあごの関節の調子の悪い人などの場合には、治療によって悪化しないようにするため、通常より少し長くかかると考えた方がいいでしょう。それでも、そう何年も何年もかかるものではありません。
ところが、実際には、大人の矯正でも5年・7年と長くかかっている人もいます。これは、治療方針が明確でなかったり、矯正技術が未熟で、効率よく治療が行われなかったために、期間が長くなった可能性も考えられます。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.