歯列矯正 - have orthodontic treatment.

矯正ステップ

矯正治療のステップ

Step0 矯正をはじめるまで

矯正で重要なのは、検査と診断であると言われています。
それは、患者さん一人ひとりによって違う歯やあごの特徴、症状などをしっかり把握して、綿密な治療計画を立てることが、結果的に診断ミスなどを防ぎ、最も短時間で最適な治療につながるからだと言えます。
病院によっても進め方は微妙に異なると思いますが、「検査ばかりで、なかなか治療が始まらない」と不安思う前に、スケジュールについて詳しく聞いておくといいでしょう。

Step1 初診・相談

まずはドクターと話し合います。どこをどうしたいのか、何が悩みなのかをしっかり伝えましょう。医師の視点からみた治療の方向と、患者さんの希望が、必ずしも合致するとは限りません。ここでの話し合いが、これから治療を進めていく上でとても大切になります。また、もし矯正に関する疑問や不安を抱えているとしたら、この初診のときに相談、質問するといいでしょう。
ここではまだ、患者さん一人ひとりに対しての具体的な治療方針を定めることはなく、一般的な説明に終わります。

Step2 検査

レントゲン、口や顔の写真撮影、歯型をとるなどして、かみ合わせやあごの働きをチェックします。医院によって異なりますが、通常2~3回に分けて行われることが多いようです。

Step3 診断と、治療計画の立案・治療法の選択

検査の結果をもとに、使用する装置や矯正にかかる期間、費用などをドクターがが検討します。治療方針や矯正結果の予想を伝えてもらったら、自分の理想とあわせて具体的な治療方法の決定に進みます。
このとき、理想の歯並びに近づけるために、手術や抜歯が必要になる場合もあります。ここで、矯正治療に関わるさまざまなことやリスクの説明をしっかり受けましょう。多くの場合、治療方針は数パターン用意してもらえるので、どの方法が自分の理想をかなえてくれるのかを、リスクも踏まえたうえで検討することが大切です。
ここで具体的な方針が固まったら、期間や費用についても、ほぼ確定したものを聞くことができるでしょう。

Step4 治療開始・矯正装置を作る

治療計画が決まったら、いよいよ治療の開始です。まずは、矯正装置を作る作業へ入ります。1回、もしくは数回に分けて、バンドやブラケットなどの装置をつけ、ワイヤーをつけていきます。もし、この段階に入る前に無地早歯槽膿漏が見つかった場合には、その処置も行っていくことになります。
ここで、矯正のために抜歯が必要だという人は、ちょっとした決意が必要になりますので注意しましょう。なぜなら、都合により矯正を断念せざるを得ない状況になったり、痛みや装置のわずらわしさに耐えられるか自信が持てなくなる場合があるからです。

ところで、装置は通院1回目にすぐに装着されるのではなく、最初は、奥の歯にバンドという金具をつけるためのすき間を作る「セパレーションリング」というゴムをはさむことから始まるのが一般的です。このセパレーションリングは、装着して数時間後に傷みが出はじめ、2~3日続くことがあるようです。でも実はこの痛みが、矯正治療でいちばんつらいと言われているそうです。ここを頑張れば、後は少し楽な気分で治療に臨めるかもしれません。
装置の装着がすべて完了すると、口の中がでこぼこして違和感を感じることがあったり、しゃべりづらい、ものが噛みづらいことがありますが、これも数日経てば慣れ、すぐにふだんの生活に戻れるといいます。

Step5 通院

通院は、ほぼ月1回のペースで行われます。ワイヤーやゴムの交換たけでなく、矯正の進み具合を調べたり、歯磨きなどのアドバイスを受けたりと、さまざまな処置が行われます。ちなみに、自分の歯がぐんぐん動いているのを最初に実感できるのは、だいたい矯正を始めて4~5ヶ月経った頃だと言われています。

Step6 矯正終了・保定処置

およそ2年とちょっとの年月を経て、歯並び、かみ合わせが整えば、矯正治療の終了となります。矯正装置を取るときには、麻酔などは使わず、まさに「一気にはがす」感じです。これだけですと、時間はほんの10分程度で済むでしょう。
ところが、これですべて終了ではありません。実は、歯並びは一度治せばそれで終わり、というものではないのです。日々の生活の中で、歯並び、かみ合わせもまた変化していくものです。矯正を終えたばかりの歯は、放っておくと矯正前の位置に戻ってしまおうとする力が働きますし、新たに別の位置に動く可能性もあります。矯正装置をはずした直後から6ヶ月間は、引っ張られていた歯が自由になって、一番戻りやすいとされているため、こうした動きを抑制し、治した歯並びをより確実に、機能的にするために、「保定処置」が必要となってくるのです。

保定処置は、矯正終了の数日後に「リテーナー」という装置を入れることからスタートします。マルチブラケット装置とは違い、ものを噛むときなどに生じる痛みはありません。
保定処置の期間は個人差がありますが、長ければ長いほど、治療後の状態を正しく維持できるとのこと。これが「リコール」といわれるアフターケアの期間になり、1年目は数回、2年目以降は年1回程度の割合で通院します。長い期間矯正装置をつけて得た歯並びを維持するためにも、ここで手を抜くことなく、歯の定期健診もきちんと受けたほうがよいでしょう。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.