歯列矯正 - have orthodontic treatment.

舌側矯正

目立たない舌側矯正

矯正と言えば、まず真っ先に思い浮かべるのが、歯の表面に張りめぐらされたピカピカの金属装置でしょう。
美しい口元になりたい、歯並びを治したいと思っても、あの矯正装置をつけることに抵抗を覚え、二の足を踏んでいる人は少なくないはずです。
透明なブラケットをしても、ワイヤーやバンドまでは透明にはできません。もっともっと、目立たせずに歯の矯正をしたい――。
そういった希望にぴったりなのが、歯の裏側に「舌側リンガル装置」と呼ばれる矯正装置をつける舌側矯正で、これも種類で言えばマルチブラケットの一種です。
ただし、外からは見えないということは、治療の際も見えにくいわけですから、装置の装着に時間もかかりますし、高度な矯正技術が要求されます。メリットもあればデメリットもあるため、「見えない」ことだけにとらわれず、よく考えて装置を選びましょう。

最近では舌側矯正の人気が高まってきたことを知って、きちんとした勉強やトレーニングを積んでいない先生が、「舌側矯正」の看板を掲げていることもあります。「安くて良い治療」という宣伝文句に踊らされず、歯医者さんは慎重に選ぶ必要があるでしょう。

舌側矯正の矯正装置はどんなもの?

口の中に入れる矯正装置は、一体どのようなものなのでしょうか? 
矯正装置は、基本的にブラケット(金具)とワイヤーの二つで成り立っていて、マルチブラケットの一種になります。
前歯の裏側の一本一本にちいさなブラケットを取り付けます。これは、かむ力に耐えられるように、専用の強力な接着剤を使って固定します。接着剤は人体にはまったく無害で、治療が終わればすべてきれいに剥がすことができますが、自分で剥がすことはできません。
このブラケットを、ワイヤーで次々につないでいきます。このときワイヤーを折り曲げたりすることで、理想の歯並びに近づくように、歯を少しずつ移動させていきます。
一般的にブラケットの素材は金属ですが、こちらも表側からの矯正と同様に透明なセラミックや強化プラスチックといった目立ちにくいものもあります。
金属製は、目立つ反面、ワイヤーを通すための溝を切る精度が高く機能面で優れ、セラミックやプラスチックよりも丈夫で、ひびが入ったり割れたりといった心配がありません。
ワイヤーにはステンレス合金、チタン・モリブデン合金、ニッケル・チタン合金、形状記憶合金などの素材があり、それぞれ断面が丸いもの、四角いもの、繊細な糸のように細いものから硬いものまで、径の異なる何十種類ものワイヤーがあり、目的と用途に応じて使い分けていきます。このワイヤーの弾力性を利用しながら、歯の移動を行います。
また、ワイヤーを非常に細い針金で固定したり、ブラケットにかぶせるプラスチックゴムで固定したりもします。
そのほか、ゴム以外に使用される金具としては、コイルスプリングというバネがあり、これはスプリングの力を利用した使い方をしています。
自分の治療にどのような装置が使われるのか、詳しいことは実際にかかる矯正歯科で尋ねてみましょう。

メリットとデメリット

舌側矯正の最大のメリットは、なんといっても外から矯正装置が見えないことです。人目を気にせずに治療に専念でき、清潔感を保ったまま歯並びを改善することができます。矯正治療にかかる時間は、数ヶ月から数年単位です。その間、ずっと口を開けたり人と話すのに気を使わなければならないという精神面の負担を考えると、人目に触れない舌側矯正のメリットは大きいと言えます。
また、歯の裏側というのは絶えず唾液で潤っているため、歯垢がつきにくく、虫歯菌が増殖しにくい環境にあります。
さらに、歯の表側に装置がついていないので、治療結果である口元の出っ張り具合や前歯のライン、口唇の形態などが装置をはずさなくても目で確認することができます。
逆に、舌側矯正のデメリットは、舌の先が装置に触れるために、舌を傷つける可能性があったり、しゃべるときに多少発音がしづらいことです。
発音については、個人差がありますが2~3週間、違和感に慣れてしまえば普通に話せるようになるでしょう。
また、表側からの矯正と比べると、治療に技術を要し、期間も長くかかるため、費用も1.5倍ほど高くつく可能性があります。
これらのメリット、デメリットをふまえ、歯科医院で納得の行くまで説明を受けたうえで、治療方法を選択することが大切ですね。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.