歯列矯正 - have orthodontic treatment.

マルチブラケット

マルチブラケット装置で矯正

大人の歯列矯正で最もポピュラーなのが、このマルチブラケット装置。この装置は、ほとんどの歯にブラケットという器具をつけ、そこにワイヤーを通し、ゴムなどでブラケットに固定していくことから名づけられています。「ブレース」という名前を聞いたことのある人もいるかもしれませんが、それはこの装置全体のことをいいます。
以前は、すべての歯にバンドという金属を巻いていたために、「マルチ・バンディッド・テクニック」と呼ばれ、見た目もグロテスクなものでした。それに比べて、マルチブラケットは装置がシンプルで、口の中がすっきりとして見え、歯磨きもしやすくなっています。
また、ブラケットには、シングルとツインという2つの種類があり、歯の位置や移動距離に合わせて使い分けていきます。ブラケットをつなぐワイヤーは、ステンレスやニッケルチタンなどの素材があり、糸のように細くて柔らかいものから固いものまで、いくつかの種類があり、力を調整しながら弱いものからだんだんと強いものに替えて治療を続けます。

セラミックのマルチブラケット装置

金属のマルチブラケットの場合、装置がシンプルになったとはいえ、口をあければ矯正をしていることがすぐにわかります。
そこで、矯正装置を目立たせたくない人のためにあるのが、セラミックや人工紗ファイヤなどで作られた透明なブラケット。これなら、口をあけたり笑ったときにもブラケットが目立たずにすみます。
ただし、金属のブラケットに比べて割れやすいのと、装置が高価なため、金属のブラケットを使うよりも5~10万円程度、プラスの費用がかかってしまうのが難点です。また、セラミックは固いため、かみ合わせの関係で歯の先端がこのブラケットにぶつかると、その歯が削れてしまう可能性もあります。

小さなおしゃれを楽しめるゴム

ブラケットにワイヤーを留めるゴムは、金属のブラケットにはグレーを、透明なブラケットにはクリアなゴムを使うのが一般的ですが、そのほか、ピンクやグリーン、ブルーやイエローなど、たくさんの色がそろっています。ゴムは、ワイヤーを交換するときにつけ替えるものなので、そのつど色を変えてみることもできます。
透明なブラケットにグリーンのゴムをつけてみたり、金属にピンクやブルーのゴムをつけると、案外色が映えてきれいに見えたりもします。
矯正の期間を楽しく乗り切るための、小さな工夫と考えることもできるでしょう。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.