歯列矯正 - have orthodontic treatment.

小児矯正と成人矯正

こどもの矯正と大人の矯正

基本的に、歯列矯正に年齢制限はありません。歯槽骨があって、歯茎がしっかりしていれば、何歳からでも可能です。
しかし、成人矯正と小児矯正では、まったく難しさが異なります。
こどもと成人の最も大きな違いは、骨や歯が成長過程にあるかどうかいうことです。

小児矯正

こどもは、体が完全にできあがっていないため、あごの骨自体も成長過程にあり、その中で大人の歯に生え変わっていきます。ですから矯正も、成長発育を正しい方向にリードして、歯とあごを正しい位置に調整していきながら、成長に従って行うのが通常のスタイルです。
また、途中に数年のお休み期間を入れながら、大人の歯が生えてくるまでにする「第Ⅰ期」の治療と、永久歯が生え、大人の歯並びが完成してから行う「第Ⅱ期」の治療に大別されるのが一般的なようです。

成人矯正

成人の場合は、骨も歯並びも完成し、歯を支える皮質骨が非常に硬くなっているために、移動するのにどうしても時間がかかります。また、かかりつけ医の管理が必要になる虫歯や歯周病があったり、欠損した歯があるなど、矯正する条件が悪い場合も多く、職業や家庭などの社会的制約に縛られることも多いことから、こどもの矯正に比べてはるかに技術が必要とされています。
けれども逆に、大人になってから矯正を希望する人のほうが、自らの希望ではじめる、自分でお金を出してはじめる、といった理由から、通院や歯磨きを怠ることなく、治療に真剣に取り組むといわれています。「歯並びを良くしたい」という意志があれば、何歳からでも矯正は可能なのです。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.