歯列矯正 - have orthodontic treatment.

こどもの矯正

こどもの矯正のポイント

こどもの場合、そもそも正しいかみ合わせを見極めるのは難しいといわれています。なぜなら、6歳頃までは乳歯が、12歳ぐらいまでは乳歯と永久歯が交ざっているからです。そこで、目安として覚えておきたいのが、3の倍数の年齢が歯の発育を知る基準になる、ということです。
まず、3歳の頃には乳歯の歯並びが完成します。そして6歳には、六歳臼歯といわれる上下の奥歯(第一大臼歯)が生えそろい、9歳になると乳歯と永久歯が交じり合った時期を迎えます。そして、12歳になると一番奥の第二大臼歯が生えはじめ、15歳で永久歯の歯並びが完成するのです。さらに、親知らずが生え始めるのは18歳前後といわれています。
もちろん、個人差はあります。人によっては1~2年は前後することがあるということを頭に入れて、それぞれのこどもさんの歯の状態をチェックしましょう。

六歳臼歯が歯並びの重要ポイント

乳歯から永久歯に生え変わるとき、一番最初に生えてくるのが前歯というのは、よく知られていることだと思います。前歯の上下4本は、中切歯(ちゅうせっし)と言われます。ところが、次に生えてくるのはなんと奥歯、それも奥から2番目の第一大臼歯です。この歯は6歳前後で生えてくるので「六歳臼歯」とも呼ばれています。食べ物を噛み切るのが中切歯だとすると、それを粉々にすりつぶすのが六歳臼歯の役目。この2つは、咀嚼の要となっているため、真っ先に生え変わるのですが、さらに六歳臼歯は、かみ合わせの良し悪しを左右する大切な存在でもあるのです。
六歳臼歯がまっすぐに生えてきて、上下がきちんとかみ合えば、後から生えてくる小臼歯や犬歯もまっすぐに生えてきれいに並ぶことができます。ところが、乳歯の段階で虫歯になったりして、第一乳臼歯が早く抜けてしまうと、その隙間を埋めるように隣の歯が動くので、要であるところの六歳臼歯が傾いて生えてしまい、うまくかみ合わなくなることになってしまいます。また、傾いていることで歯の並ぶスペースが狭くなり、結果として乱杭歯(叢生)の原因になってしまうこともありえるのです。

良いかみ合わせをつくるためには、実はまず虫歯を防ぐことが大切なのです。乳歯のときの虫歯を予防すること、いずれ生え変わる歯だから……とおろそかにせず、しっかりと歯みがきをして乳歯を守ることが、きれいな歯並びを作る第一歩です。その上で、六歳臼歯が生えてくる時期に一度、歯科医院で歯のチェックを受けるのがよいでしょう。

不正咬合を放っておくと……? 

歯並びが悪く、正しいかみ合わせができない状態を、不正咬合(ふせいこうごう)といいます。この状態を放っておくと、実際にはどのような影響があるのでしょうか? 
歯並びを気にして笑えない――。大人なら、まずそれが一番気になるでしょうか。正しい発音ができない、歯みがきが行き届かず、虫歯や歯周病になりやすい、これも大きな問題点だといえます。ですが、体が成長過程にあるこどもの場合は、大人よりもいろいろと影響が出やすいのです。

物を噛みづらいためにあごの発達が遅れたり、アゴのずれが姿勢のずれにつながったり。また、運動能力の低下や、ストレス、集中力の低下といった一見歯並びとは関係のなさそうな問題も、調べてみると歯を食いしばることができないことに原因があったりするので、たかが歯並びと侮ることはできません。
大切なこどもの歯並び、しっかり守ってあげたいですね。

こどもに多い不正咬合の原因をチェックして、防げるものは防ぎましょう

歯並びは、遺伝的な影響も強く受けますが、生まれてからの環境が原因で崩れてしまう場合も多々あります。生まれてからの環境とは、食生活だったり、歯の手入れの仕方だったり、クセだったりします。防げる原因はなるべく防いで、少しでも不正咬合が起こる可能性を減らしたいものです。次にあげる点を参考にして、まだこどもが小さいうちからでも、家族が気をつけるようにしましょう。

あごの未発達

小さい頃からやわらかい物ばかり食べていると、あごやその周りの筋肉の発達が不充分になり、歯が並ぶスペースが足りなくなってしまうことがあります。そうすると、狭いスペースに歯が無理やり生えてくるため、でこぼこした歯並びになってしまうのです。小さいうちから繊維の多い根菜類や小魚など、かみごたえのあるものを食べる習慣をつけておくことが大切です。

乳歯の虫歯

六歳臼歯に限らず、乳歯のときの虫歯をそのまま放っておくのは厳禁です。永久歯が斜めに生えたり、ずれて生えたりする原因になることがあります。乳歯のうちからきちんと歯磨きをする習慣を身につけ、もし虫歯ができてしまったら早めに治療をしておくことが大切です。また、歯を大切にする意識を小さいうちから身につけておくことも、長く自分の歯を守っていくために大切なことです。

生活上の癖

日常のちょっとしたクセでも、長く続けると歯並びに影響を及ぼしてしまうことがあります。たとえば、片方なかりほおづえをつくくせがあると、あごや体が歪んでしまったり、同じ場所を圧迫して歯並びが悪くなることがあります。いつも口を開けていると、歯を唇で抑える力が弱くなって、舌の位置が変わったり、筋肉のバランスが崩れて受け口や出っ歯の原因になることもあります。また、幼児期の指しゃぶりも、長く続けるうちに指の押す力が歯を動かしてしまう可能性もあります。さらに、前歯で下唇を噛む癖や、同じ方向でのうつぶせ寝なども、下あごをゆがめる原因となります。姿勢の悪さから、骨格に歪みを生じ、逆にそれが歯並びに影響することだって考えられます。普段から、家族がこうした癖に気をつけておくようにしましょう。

矯正を始める時期

学校の歯科検診で「専門医による診断が必要」と通知されてビックリ、はじめて矯正歯科治療について考えだす家庭も多いでしょう。でも、こどもの歯は成長途中。まだまだ生え変わる過程にあることだってあります。「いったいいつ矯正をしたらいいんだろう?」と悩まれる方も多いはずです。
矯正歯科治療自体は、歯と歯茎の状態がよければいくつになっても始められます。ですが、こどもの矯正治療は、治療を行う時期に合わせて(1)早期治療と(2)本格治療とに分けられ、方法や治療に要する期間などが異なってきます。
いくつになっても治療ができるとはいえ、できるなら幼児期からの早期治療が理想的です。しかし、歯の状態、その他の状況によって、最適な治療開始時期が異なってくることも考えられるので、気になったらまずは矯正歯科に相談してみることが大切です。相談だけして、治療はもっと後になってから――という結果になってもかまわないのです。どこの矯正歯科に行けばいいのかわからない場合は、普段からかかっている一般歯科や小児歯科から紹介してもらうのもいいでしょう。

早期治療

早期治療とは、まだ乳歯が生えている4歳くらいから、乳歯と永久歯が交ざって生えている9歳くらいまでの間に、あごの成長を見ながらかみ合わせやあごの形、大きさなどの改善を行うものです。この時期に歯並びが悪いと、ほとんどの場合、成長につれてさらにひどくなっていきます。そして、ひどくなればなるほど、また治療の開始が遅ければ遅いほど、健康な歯を抜いて治療しなければならないことになってしまう可能性が高くなるのです。永久歯が生えそろうまでの時期なら、一番あごが成長するときなので、その成長を利用しながら、あごを少しずつ大きくしていくことができます。
また、乳歯の前歯が横にずれている場合は、奥歯もずれていることが多いため、放っておくとあご全体の成長に影響してしまうので、やはり早めの治療が大切になってきます。
ただし、こどもがまだ小さいうちは、治療を理解できず、矯正装置を苦痛に感じたり、手入れを怠ってしまうという問題点もあります。また、あごや骨の成長をみながら行うため、治療が長期にわたる可能性もあります。

本格治療

永久歯が生えそろった12歳以降からスタートするのが、矯正装置をつけての本格治療です。このころになると、歯並びはほぼ完成し、あごの大きさもだいたい固定してきて、成人に近くなります。また、歯並びに対するこどもの意識も高くなり、矯正に対する理解や協力度もアップする場合が多いので、治療しやすくなるというメリットがあります。また、トータルの治療期間は、早期に始めるよりも短くすみます。
ただし、幼児期からの早期治療をしていた場合をのぞくと、この時期からの治療では、あごの成長を利用できないために、歯を抜いて治療しなければならない可能性もあります。

どんな矯正装置を使用するの? 

すべての歯にブラケットをつけて、歯を少しずつ移動させるマルチブラケット装置や、矯正終了後に後戻りを防いで歯並びを安定させるリテーナーという装置は、成人と同じです。小児の矯正の場合には、この他に、上下のあごを広げる装置や、上あごの骨が前に出るのを抑えて、六歳臼歯を後ろに移動させるヘッドギアなどもあります。歯やあごの状態によって使用する装置は違ってくるので、治療が決まったら、装置の種類やつける時期、取り外しがきくかなど、ドクターに確認してみましょう。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.