歯列矯正 - have orthodontic treatment.

不正咬合

悪い歯並び、7つのパターン

あなたの歯で気になるところはなんですか? 悪い歯並びとはどんなものなのでしょう? 
自分が何を気にしているのか、気になるところでは何が一番問題になっているか、をはっきりさせておくことが、治療への第一歩です。
歯並びが悪いため、正しいかみ合わせができない歯並びのことを、不正咬合(ふせいこうごう)といい、大きく7種類のパターンに分けることができます。実際にはこれが複雑に合わさっている場合もありますが、まずは自分の歯の状態がどれにあてはまるのか、知っておくことが大切です。

審美的に問題となる不正咬合

乱杭歯(叢生)
日本人に最も多いといわれているのがこの乱杭歯で、歯がでこぼこに生えている状態をいいます。
あごが小さくて歯の生えるスペースが確保できないことが最大の理由で、押し合っているうちに前後左右にずれてでこぼこになります。
中でも犬歯が歯列からはみ出した八重歯は、歯が重なっているせいで歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病の原因となりやすいものです。
出っ歯(上顎前突)
いわゆる上の前歯が出っ張っている状態です。土台となる上あごの骨が大きく前に張り出している場合と、逆に下あごが小さくて後退し、あごがないように見えて、歯が出っ張っている場合とがあります。
受け口(反対咬合)
一般的に良い歯並びでは、上の前歯が下の前歯の外側に三分の一から四分の一程度かかるのが普通で、受け口ではこれが反対になっています。
下唇が前に出て、唇の両端がさがるところから、表情が不機嫌に見えたり、傲慢な印象を与えかねないことから、悩みを抱える人も多いと思います。
受け口は、前歯の傾きが原因の場合は比較的楽に治療できますが、下あごの骨格が大きすぎる場合は、外科的手術と矯正の併用で小さくするケースがあります。
すきっ歯(空隙歯列)(正中離開)
歯の間に隙間ができた状態です。何らかの理由で歯の数が少なかったり、歯そのものが小さかったり、また歯は正常でもあごが大きすぎたりといったことが原因としてあげられます。常に息が抜ける事から、特にサ行やタ行の発音が不明瞭となることが多く、言葉が聞き取りにくいと言われて悩む方も少なくありません。

機能的に問題となる不正咬合

開咬
奥歯をかみ合わせたときに、前歯が開いたままになって接触しない状態になっているものを指します。上下の前歯がかみ合わないために、ものを噛み切れないことも少なくありません。奥歯に負担がかかるので、矯正の対象となります。
過蓋咬合
開口とは逆のパターンで、上下の前歯が深くかみ合い、上の前歯で下の前歯が隠れてしまう状態です。
これを放置しておくと、やがて下の前歯が上の前歯の裏側の歯肉に食い込むようになり、歯肉を傷めるだけでなく、上の前歯が押されて出っ歯になる可能性もあります。
交叉咬合
奥歯をかみ合わせると、普通は上の歯は外側に、下の歯は内側になります。ところが、交叉咬合ではこれが逆になり、左右に大きく崩れるところから、あごや顔が曲がったようになったりします。
片側だけがずれている場合と、両側がずれている場合があり、奥歯で物をかもうとしてもできなかったり、歯を食いしばったりができなくなったりします。
幼児期の指しゃぶり、片側だけでかむ癖をつけていたり、頬杖をつく癖などが交叉咬合の原因となります。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.