歯列矯正 - have orthodontic treatment.

食事

矯正治療中の食事

矯正中に気になるのは、食事のこと。食べてはいけないものはないのかと、不安に思う人もいるでしょう。
基本的に、食べてはいけないものはありません。ただ、虫歯やトラブルを避けるために、なるべく控えたり、食べ方に気をつけなければいけないものはいくつかあります。

硬い食べ物

おせんべいや氷のかたまり、フランスパンなどを思いきり噛んだり、りんごをまるかじりしたりすると、矯正装置が外れてしまったり、破損してしまうおそれがあります。細かく割って食べるなど、工夫しましょう。また、ワイヤーを交換したりした後に、1~2日はものをかむと歯がズキンと痛む人もあるようですので、硬い食べ物は避けたほうがいいかもしれません。

歯につまりやすいもの・くっつきやすい食べ物

ナッツ類やポテトチップス、チョコレート、などのカスが溜まりやすい食べ物、歯にくっつきやすいキャラメル、ガム、お餅などは要注意です。また、食後は歯磨きも怠ってはいけません。

色素の強い食べ物

カレーやキムチなどは、治療自体には影響はありません。しかし、矯正装置のゴムの部分を変色させてしまうおそれがあります。黄ばんだ矯正装置はかっこ悪い……と思うのであれば、色素の強い食べ物はなるべく避けたほうがいいでしょう。
お酒やたばこ、紅茶やコーヒーは、意外にも影響はありません。ただし、装置に影響はなくても歯の変色につながる可能性はあります。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.