歯列矯正 - have orthodontic treatment.

歯磨き

矯正治療中の歯磨き

歯磨きは、虫歯や歯周病の予防に必要なオーラルケアの基本です。矯正中も、歯磨きに対する考え方は変わりません。むしろ、矯正装置に食べ物のカスが溜まりやすく、歯ブラシが届きにくい箇所ができるため、普段より一層注意が必要であることは確かです。

矯正治療中の虫歯は、矯正期間を長引かせたり、治療を一時ストップさせることもあるので、絶対避けたいところです。普段以上に丁寧な歯磨きを心がけましょう。

矯正中の歯磨きのポイント

毛先をとにかく歯の細かい部分にまで押し込んで磨くこと。装置のすき間や奥歯まで、鏡でチェックしながら小刻みにブラシを動かすことが重要になってきます。小さなヘッドで小回りのきく歯ブラシを使用し、歯ブラシの届かない部分は、歯間ブラシなども上手に利用しましょう。

きれいに磨けたかどうかを見分ける目安として、歯磨き後、鏡で一番奥の歯にはめられたバンドをチェックしてみるのもいいでしょう。金属のバンドやワイヤーの色がぼんやりくもっていたら、歯が磨ききれずに歯垢が溜まっている証拠です。

フッ素入りのマウスウォッシュを使うのもおすすめですが、これだけに頼ってはいけません。あくまでも「歯を磨く」ことを前提にして、うがい薬は、口の中をよりきれいにする、歯質を強化する、といったサポート的な使い方にとどめましょう。

©歯列矯正 - have orthodontic treatment.